Apple Musicのメンバーシップ登録方法!不具合・バグと対処法は?

今回は、Apple Musicのメンバーシップ登録方法をはじめとして、不具合・バグと対処法についてお伝えしていきます。

これからApple Musicを使ってみようと考えている方、無料トライアル期間が終了して再度利用したいという方がいらっしゃるかと思います。

月額980円(1480プランもあり)でこれだけの音楽が使えるのですから、日頃から音楽をよくチェックしているのであればコスパはかなり高いと言えるでしょう。

まずは、登録方法からお伝えしていきます。

Apple Musicの登録方法

Apple Musicを使うためにはメンバーシップ登録をする必要があります。

まずはApple Music公式へアクセスします。

0191541616fa8ea8aa3d339a084b5b8b04c9d42c49

こちらの「3ヶ月間無料で体験できます」をタップします。

次に「プランを選択する」といった項目が現われますので、「個人」か「ファミリー」を選びます。

ファミリープランは最大6人のメンバーと共有する事が出来る機能が存在しています。個人プランで問題ないかと思います。

 

アプリが起動されますので、「アカウント管理」画面で「Apple ID」と「パスワード」を入力します。

次に「Apple Musicに登録」をタップ。

「iTunes Storeにサインイン」と表示されますので、パスワードを入力してください。

パスワードを入力すると「Apple Musicメンバーシップを購入しますか」と表示が出ますので、「購入する」をタップします。

 

これでメンバーシップ登録は完了となり、Apple Musicを使用する事が可能となります。

※購入するといってもその瞬間から月額料金が発生するのではなく、3か月間のトライアル期間が終了してから”自動的に”有料に切り替わります。

詳しくはトライアル期間終了後の自動更新をストップする方法をご覧ください。

スポンサーリンク

不具合やバグについて

現在のiOS10になってからの重大なバグは報告されていませんが使いにくいといった報告は多発していますね。

最近(といってもかなり前だが)あった不具合はiOS9.2にアップデートを行ったところ複数のバグが報告されました。

 

 

Apple Music上でダウンロードした曲(オフライン再生可能な楽曲)が全て消えた。

iCloudミュージックライブラリへ追加したいつの間にか曲がダウンロードされる。

この不具合に関する対処法としてはまた自力で曲をダウンロードしてオフライン再生な曲をかき集めて来るしかなかったわけですが、相当多く入れていた方々は骨が折れたでしょう。筆者はしばらく経ってからアップデートを行うのですが、iOS9.3はスルーしておいて良かったです。

それ以前あった有名なバグは2016年5月頃に話題となりましたね。米国のとあるユーザーがApple MusicにログインしたらiTunesに存在していた音楽ライブラリが抹消されたあの件です。

そのユーザーがiTunesに入れていたデータは122GB。単純に曲数に換算すると約30000曲ですね。

後者の場合は、アップル側が不具合だと認め、後日修正プログラムをリリースしていました。

前述したように現状ではiOS10にアップデートを行ってからApple Music上で大きな不具合が生じている報告はありませんが、今後また起こる可能性も十分あります。

個人的にはiOS10にアップデートして表示がクソダサくなったことと、使いにくさがよりパワーアップした点でそうとうな問題点だと感じているのですが、まぁ曲が消えたりしないだけまだマシでしたね。

スポンサーリンク

                  この記事を書いた人

このブログの管理者およびテンガ戦士です。 機材や好きなバンドについて綴っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ