フェンダーのシリアル・製造番号でフジゲン製を見分ける方法 

こんにちは、しらゐしです。

今回は、フェンダージャパンのシリアル・製造番号でフジゲン製を見分ける方法をお伝えしていきます。

それに加えて、所有している竿がいつ製造されたのかシリアルごとに解説していきます。

フェンダーの竿を持っている方はもちろん、楽器屋で中古で見かけた物でも気になるのが製造年です。いい音が出れば気にしないと言う方も多くいらっしゃるかとは思いますが、筆者はフェンダージャパンに関してはまぁまぁ気にする方です。

中古屋でいわゆる当たり年の竿を見つけられた時には嬉しい物です。

まずは、シリアルに応じた製造年数のチェック方法から見ていきましょう。

スポンサーリンク

シリアルで製造年数を判別する

ネックの裏・もしくはヘッドの裏にシリアルが記載されているかと思います。

そちらのナンバーと合わせて製造年を照らし合わせていきます。

ネックの裏を確認すると「Made in Japan」・「Crafted in Japan」とありますが、こちらも分けて記載しておりますのでご確認ください。

フェンダーの公式に記載されていた物が以下となります。

表記:「Made in Japan」

 

フジゲン製

神田商会製・その他外注

ダイナ楽器製造

 

シリアル 製造年
JVシリアル+5桁 1982~1984年製造
SQシリアル+5桁 1983~1984年製造
Eシリアル+6桁 1984~1987年製造
Aシリアル+6桁 1985~1986年製造
Bシリアル+6桁 1985~1986年製造
Cシリアル+6桁 1985~1986年製造
Fシリアル+6桁 1986~1987年製造
Gシリアル+6桁 1987~1988年製造
Hシリアル+6桁 1988~1989年製造
Iシリアル +6桁 1989~1990年製造
Jシリアル +6桁 1989~1990年製造
Kシリアル+6桁 1990~1991年製造
Lシリアル+6桁 1991~1992年製造
Mシリアル+6桁 1992~1993年製造
Nシリアル+6桁 1993~1994年製造
O シリアル+6桁 1993~1994年製造
P シリアル+6桁 1993~1994年製造
Qシリアル+6桁 1993~1994年製造
S シリアル+6桁 1994~1995年製造
T シリアル+6桁 1994~1995年製造
Uシリアル+6桁 1995~1996年製造
V シリアル+6桁 1996~1997年製造
T0シリアル+5桁 2007~2010年製造
U0シリアル+5桁 2010~2012年製造
JD12シリアル+6桁 2012年~2016年製造

 

表記:「Crafted in Japan」

シリアル 製造年
Aシリアル+6桁 1982~1984年製造
Nシリアル+5桁 1983~1984年製造
O0シリアル+5桁 1984~1987年製造
P0シリアル + 5桁 1985~1986年製造
Q0シリアル + 5桁桁 2002~2004年製造
R0シリアル + 5桁 2004~2006年製造
S0 シリアル+ 5桁 2006~2008年製造
T0シリアル + 5桁 2007~2008年製造

フェンダージャパン製品のシリアルを見れば何年製でどこが製造したのかを確認する事が出来ます。

ご覧の通り1982年~1997年までに作られた製品(シリアルだとJV~Vシリアル)はフジゲン製です。

そして、一度「Made in Japan」表記から「Crafted in Japan」に変更されます。

これはフジゲンから神田商会に製造先(外注先)が変わったからです。

そして、2007年ごろにまた「Crafted in Japan」から「Made in Japan」に変わります。

次の製造先はダイナ楽器になりました。現状もダイナ楽器がフェンダージャパンの外注先となっているようですね。

スポンサーリンク

なぜフジゲン製を求めるのか?

フェンダージャパンの中でも”作りが良い”と言われるフジゲンが作っていた頃の製品はオークションで売られていても割と高値になる事が多いですね。

そうですね。多くの方がフジゲン製を求める理由がこれです。

弾きやすい。材質が良い。鳴りが良い。ただ単にジャパンビンテージのギターが欲しい。

様々な理由がありますが、ストレートに言えば作りが丁寧で完成度も高い。

 

前述したようにフェンダージャパン初期はフジゲンが製造→神田商会が製造するようになりました。

神田商会はご存知のように「グレコ」が有名ですが、このグレコの製造を行っていたのもフジゲンです。(そのため、グレコにもフジゲン製が存在しています。)

そして「成毛滋」というギタリストがフジゲンの素晴らしさに注目します。

フジゲンに特注したギター(確かミディアムのレスポール)の完成度の高さに驚き、成毛はグレコならびにフジゲンにアドバイスをし、それを昇華したモデルが販売されてはどんどんグレコの評価は高まりました。

この当時に発売していたモデルはフェンダーやギブソンのコピーモデルですね。こういったモデルが日本だけではなく本家のおひざ元のアメリカでも評価を得るようになります。

本家を差し置いて優秀なモデルが評価されたこと(もちろんそれだけではない)で本家がキレて訴えられます。

神田商会からすればこれはチャンスだったわけです。本家でも認められるクオリティのギターを作るメーカーとして。

 

成毛はギターの腕は非常に素晴らしかったですが、当時使っていたギターはフェンダーやギブソンではなくグヤトーン。

自分で塗装をしたりネックを弄ったりして本家のギターに似せたモデルを使ったりしていた事でも有名です。

ウソラトキャスター・イッケンバッカー・ゴマキャスなど一部ではかなり話題になっていました。

つまり、成毛は国産の安価なギターにこだわりを強く持っていたわけです。そのため、彼とフジゲンの出会いと言う物は非常に運命的だったといっても良いでしょう。

そして話は戻り、本家に訴えられるほど完成度の高いギターを作るといった評価を得た神田商会は、利益率が高い高級路線にも手を出し始めようと、成毛・フジゲンとの関わりを切ります。

 

この成毛・フジゲンが関わっていた期間に作られたモデルだからこそ、価値が上がり求めるユーザーが未だに多いわけですね。

フェンダーだけではなくその当時のグレコのクオリティももちろん評価されています。

ぶっちゃけフジゲン製ってどうなの?

筆者はそこまでギターの上手さも耳の良さも備わってないので、竿を持った瞬間・音を鳴らした時に一発でフジゲン製と当てることはできません。

ただ、筆者も一度はフジゲン製を弾いて見たいと楽器屋に行ったことがあります。Eシリアルのテレキャスですね。

鳴りが良い…という感覚は正直分からなかったのですが、音は煌びやかで非常に好みでした。

そして何よりネックを握った時の”しっくり感”が頭から離れず次の日に再度出向き購入しました。

値段は7万5千円でしたね。今では内部の配線材を総入れ替えしましたが、レコーディングの時によく使っています。

 

ただ、フジゲン製ならどれでもいい音するわけではないでしょう。年代物ですし、むしろ現在のフジゲンのギターを買った方が良いケースもあります。

トラスロッドの状態などもありますし、オークションで見つけたからと言って安易に購入するのはちょっと怖いですね。

コストを削減せずに良い物を作るといった概念が注ぎ込まれていた竿ですから、確かに完成度は高いですが、そこまで必死になって探さなくとも良いとは思います。

スポンサーリンク

                  この記事を書いた人

このブログの管理者およびテンガ戦士です。 機材や好きなバンドについて綴っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ