ライブハウスのドリンク代別の意味や値段は?払わないとダメなのか

ライブハウスのドリンク代別の意味や値段、払わないとダメなのか、払わない方法はあるのか?といった内容をお伝えしていきます。

 

初めてライブに行ったとき。

グッズ代と夕飯代、交通費だけが入った財布を握りしめて、タバコの匂いと籠った音の漏れる少しダーティーな雰囲気に飲まれながら、必死にこういう場所に来馴れた雰囲気を出そうと、こっそり大人の階段を登ろうと頑張って頑張って受付に行き、謎の「ドリンク代」を請求されて、東京はこんなオフィシャルにカツアゲする町だかーーーー?東京怖いだ!村さかえるだ!と思ったこと、一度はありますよね。筆者はあります。

これから初めてのライブハウス体験をする方、「ドリンク代」が何なのかわからずなんとなく釈然としないまま、闇の組織に払われるお金だと自分に言い聞かせていた方にとっても有益な記事になるでしょう。ここを読んで予習して「こ馴れ感」を存分に出せるよう準備しておきましょう。

スポンサーリンク

ドリンク代別ってどういうこと?

「ドリンク代」とは、ライブハウス側の収益になるお金です。ライブハウスというのは、アーティストやイベント主催者がライブハウス側に払う金銭と、件のドリンク代、場合によっては食べ物、併設されたスタジオによる収益で成り立っています。自分のライブハウスをよく使うアーティストのCDのプレスにかかわったりするところもあるようです。

ライブハウスを運営・維持するのは結構大変です。

  • テナント料や賃料: 立地が命です。駅から徒歩5分以内というのはほとんど絶対条件といってもいいでしょう。したがって高いです。
  • 内装費:一般的な店舗にかかる費用に加えて、防音設備を整えたりするためにも加えてお金がかかります。
  • 機材の初期投資の回収と修繕・維持費:スピーカー、アンプ、ミキサー、照明設備、映像設備などの高価な機械をそろえなければなりません。しかも、酷使されるものなので結構なペースで故障します。
  • 専門的な知識を持ったスタッフの人件費:機材を扱うための専門的な知識を持ったスタッフが数名必要です。

パッと書けるだけでもこれだけのものがかかってきます。しかも地方の小箱になってくると最早採算度外視で「この街の音楽シーンを盛り上げたい」というような心意気でやっている店長が多いです。

本当に結構ギリギリでやっているライブハウスも多く、ドリンクの売り上げというのが生命線になっているのです。

 

ドリンク代が増減する理由

「前にここのライブハウスに来た時とドリンクの価格が違う」ということ、たまにありませんか?

別に客層によって吊り上げたりするようなせこい真似をしているわけではありません。アーティストによって、リハーサルにものすごく時間をかけたり、ステージの意匠にとてつもなくこだわったりします。その間、ライブハウス側の回転率が落ちることになります。アーティストからその分の徴収をするにもアーティスト側の予算もあるので全額徴収することは難しいです。

そこでその分のシワ寄せがドリンク代に行くことがあるのです。好きなアーティストを近くで、いい環境で見ることが出来るのは、ライブハウスの努力によるものです。その近くのライブハウスがつぶれてしまうと、例えばミュージシャンを目指いしている高校生バンドやまだ日の目を見ていないバンドマンが育たなくなてしまいます。

いいバンドがよく出てくる地方には、必ずと言っていいほど良いライブハウスがあります。(本八幡の3rd stage等がその代表ですね)いいライブハウスをつぶさないためにも、ドリンク代は必要なシステムなんです。

 

払わないとダメなのか

ダメです。どんどん経営が難しくなって、最悪都心でしかライブが見れなくなるかもしれないです。ダメです。

 

ドリンクチケットはどこで買う?

ライブハウスにもよりますが、大抵はライブハウスのエントランスで手売りされていることが多いです。システム作りが進んでいるライブハウスだと、チケット代に含まれていたりもしますが。

 

ドリンクチケットは、ドリンク代を支払った証明としてもらえるチケットです。そのチケットをドリンクカウンター、バーカウンターに持っていくとドリンクがもらえます。

小さな紙だったり、ラミネート加工されているものだったり、コインだったり、オシャレなものだとピックのような形をしていたりと、その形は様々です。

 

 

ドリンクチケットに関する疑問は解決しましたか?もしまだ謎がある場合はコメントにて教えて頂ければ幸いです。それではひっそりと大人の階段を登りましょう。

 

 

 

The following two tabs change content below.
munacho

munacho

マルチデザイナー,トラックメイカーを都心(千葉県船橋市)で営んでいます。好きなものはハンバーグで、嫌い物はトマトと確定申告です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでBABをフォローしよう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ