ライブで見るモッシュとは?意味やサークルモッシュのやり方紹介

今回は、よくライブで見るモッシュについて、「意味」や「サークルモッシュ」のやり方を紹介していきたいと思います。

 

ライブに参戦した際に、観客同士でぶつかり合っているのを見た事はないでしょうか。

横揺れ系のジャンルには無縁かもしれませんが、「メロコア」、「ハードコア」、「パンクロック」等では頻繁に見られるかと思います。

私も初めてあの光景を見た瞬間は「観客同士で喧嘩をしてるのか…」と思って正直引き気味だったのですが、それがモッシュと分かってからは理解する事が出来ました。

 

それではまず、「モッシュ」の意味から見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

モッシュとは?

モッシュ→mosh

これはテンションが上がりすぎてしまった観客達が無造作に身体をぶつけ合っている状態の事を指します。

初めてライブに参加した方でこれを見たら、もうこのライブには来たくないと思ってしまう程めんどくさく感じるかもしれません。

特に友達にチケットが余ったからと言う理由で、それ系のライブに連れていかれた日には、二度とライブハウス等に行かなくなる可能性もありますね。

大規模なモッシュが発生した場所の事を「モッシュピット」と呼ぶわけです

 

面白いことにこれは、海外の大学でモッシュに関しての論文が発表されています。

論文内ではこのモッシュピットを「気体のごとく無秩序な運動状態である」とされています。

確かにあの「ぐちゃっ」とした感じは気体のような感じにも見えるかもしれません。

 

特に前の方でモッシュが起きる可能性が高いわけですが、「そのモッシュに乗っかって自分も楽しむ」と言う方と、「音楽を聞きたいから本当にやめてほしい」という2パターンに別れるでしょう。

まぁその時のテンションによって、やるかやらないかは変わってくるとは思いますが、ぶっちゃけ危険な行為であるのは間違いないので、十分に注意する必要はあるでしょうね。

イベントによっては禁止されている場合もありますし、その辺はテンションも含めて臨機応変に行きましょう。

 

モッシュの種類・やり方について

モッシュといってもジャンルによってちょっと変わってきますし、種類もわりと多く存在しています。

 

ツーステップ

メロコアやスクリーモを初めとして様々なジャンルで行われていますね。

右右→左左という特徴的なリズムで足をクロスさせて横にスライドするステップです。

他にも変則的なツーステップがありますが、このやり方を行う方が多いですね。

腕は横前後ろに大きく振ります。

 

筆者は前の人がいきなりツーステを始めて鼻に直撃したので嫌な思いでしかありません。

周りのお客さんに気を付けて行いましょう。

 

サークルモッシュ

観客が居る中の一部で行われるモッシュです。

文字通り円の中でモッシュが行われます。

 

やり方としては、サークルが出来上がったらそこに参加するか、自分から周りの人間に合図して行う…としか言いようがありませんね。

考えるよりも感じた方が良いかもしれません。

 

巻き込まれたくない人は、近くに居ない方が良いでしょう。

筆者は全力で端に行って、冷静にその光景を見ています。

 

ウォールオブデス

観客が左右に大きく別れます。

そして曲が始まったと同時に左右に別れた観客がぶつかり稽古を始めるといった大変危険なモッシュです。

やり方はいたってシンプル。

どちらかに別れて合図とともに中央に向かって突撃するだけです。

怪我人や眼鏡を破壊される可能性が高いので、参加する場合には十分に気を付けてください。

 

筆者が通っていた大学のバンドのサークルでも行われていましたが、マジで嫌でした。

楽しいというよりも「痛い」という感想しかでません。

受け身が好きな方は良いのかもしれません。

スポンサーリンク

ヘッドバンキング

メタルをはじめとしたジャンルで行われていますね。

筆者が初めてライブで行ったのはマキシマムザホルモンだった気がします。

あれはミクスチャーですかね。

その後にサマソニでなんかしらのヘヴィメタルバンド(よく覚えていない)でヘドバンした時は、本物だぁ(小並)と感じました。

 

通称ヘドバンと呼ばれる物ですが、やはり次の日は首が猛烈に痛くなります。

テンションでヘドバンした次の日は割と苦痛ですのでお気をつけて。

 

やり方としては、頭を上下に振るだけなのですが。

リズムがスネアが鳴るタイミングで頭を下にすると綺麗に決まるかと思います。

周りの人間にも気を付けましょう。

 

テコンドーモッシュ

蹴りを出したり、殴るような仕草をするモッシュですね。

やり方としては、文字通りテコンドーのような技を繰り出しましょう。

くれぐれも周りの人間に当たらないように。

 

ウィンドミル・ハードコアモッシュ

体を風車に見立ててグルグルと大きく回すアレです。

ハードコア系のイベントに行くと毎回隣のお客さんがやり始めて、「来なければ良かった」と後悔しています。

周りに酔っ払いが居ると、めんどくさいことになるので筆者は基本的に、避けています。

 

レッキング

周りの客と殴り合いをするモッシュです。

モノホンを見たのは稀なのですが、そういったジャンルのイベントに行くとやらかしています。

 

個人的には本気でやめてほしいモッシュのひとつ。

 

地蔵

ただ単に腕を組んで見ているスタイル。

筆者はここまでではありませんが、これに近いのかもしれません。

もはやモッシュでもなんでもないのですが、音をじっくり聞いていたいと言う方はこの地蔵スタイルの方が多いのではないでしょうか。

 

最後に

今回は、ライブで見るモッシュについて、「意味」や「サークルモッシュ」のやり方を紹介していきました。

 

モッシュとは一体何なのか興味を持っていた方に伝われば幸いです。

テンションによって筆者もモッシュをするときもありますが、毎回後悔しています。

 

もしやる場合には肉体的にも強靭で合った方が心強いでしょうね。

逆にマッチョマンがいる中に飛び込んでいくことはしたくありませんが。

 

これからモッシュをする場合には、色々と気を付けてくださいね。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク

                  この記事を書いた人

このブログの管理者およびテンガ戦士です。 機材や好きなバンドについて綴っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ