フレデリックユニクロCMの曲名やオススメ曲・メンバー紹介!

今回は、フレデリックのユニクロ新CMのテーマソング曲名やオススメ曲・メンバーについてお伝えしていきます。

フレデリックがUNIQLOとタイアップする事が明らかとなりましたが、ここ最近はUNIQLOもアーティストの方向性を変化させている事が伝わってきますね。

系列のg.u.に関してもアレキサンドロスを起用するなど、ターゲットを若干寄せてきている感があります。

もちろん、それだけの理由だけではないと思いますが、変に人気上昇中のジャンルのアーティストにこだわる事をしなかった事は好感が持てます。

スポンサーリンク

ユニクロのCMのテーマソング・曲名

今回ユニクロのテーマソングとなったのは10月19日にリリースが決定しているアルバム「フレデリズム」に収録されている一曲「オドループ」です。

今回はメジャーに進出してからのファーストフルアルバムということで、これを機に今以上に人気が出てほしい物です。

ただ、インディーズで活躍していた頃の彼らを知っている方からすれば、メジャーに行ってしまうのは若干心悲しいかと思います。

バンドあるあるかもしれませんが、やはりメジャーに行ってからサウンドが悪い意味で丸みを帯びてしまう…なんてケースも多いです。彼等には彼等の持ち味を捨てきらずに活動していって欲しいですね。

 

話が脱線してしまいますが、先日筆者はandropのツアーファイナルに行ってきて良い意味で期待を裏切られました。

インディーズの頃は彼らのライブを見に行っていたのですが、メジャーに進出してから中々見に行く気力が無く、先日やっと友人に誘われてライブに足を運ぶこととなりました。

東京ダイバーシティに到着してからもそこまで乗り気ではありませんでした。しかし、ライブ中にメジャー契約の更新を切って自主レーベルで活動を始めると聞き何故か心がざわめきました。

そこからは自主レーベルに移ってから作ったセトリとなったわけですが、一曲目から鳥肌が立ちました。「これがやりたかったんだな」と心からそう思うことが出来ましたし、尚且つ彼等も「これをやりたかったんだ」と言わんばかりのサウンドの数々をオーディエンスに注ぎ込んでおり度肝を抜かれました。

何を言いたいのかというと、つまりそういう事です。これまで彼等独自の斬新なブランディングを行ってきた事に興味を持つ方も多いかとは思いますが、メジャーに行ってから出来ないことも様々上がってくるでしょう。自分たちがやりたい音を出せなくなったらインディーズに戻ってきておくれフレデリック。

フレデリックのメンバー

 

  • 【Vo./Gt.】 三原健司
  • 【Gt. 】 赤頭隆児
  • 【Ba./Cho. 】 三原康司

 

ご存知の通り、ボーカルギターの康司とベースの康司は兄弟です。それも双子ですね。ここにリードギターとして赤頭を親友の康司が引っ張ってきて編成となっています。

公式では3ピースロックバンドと記載されていますが、どう考えても4ピース編成のサウンドです。

これに関してですが、2015年の9月のライブを機にドラムを担当していたkaz.が脱退しました。ここまで売れていたのにも関わらず脱退してしまった理由も気になるところですが、それについてはまた今度。

サポートドラマーとしてライブで出演しているのは「Alaska Jam」「Mop of Head」で活動している山下賢。

そして、「the sea falls asleep」で活動している高橋武です。

メジャーに進出したということで、新たなサポートを迎える可能性、正規ドラマーが加わる可能性もありますが、しばらくは3人の顔で売るでしょうから、すぐに正規のドラマーが加入する可能性は低いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

フレデリックのオススメ曲

フレデリックに関してはオススメ曲は沢山ありますが、やはりユニクロのCMから流れて来る方も多いのでメジャーな曲でオススメをご紹介します。

オンリーワンダー

やはりこのサウンドと印象的なボーカル。これぞフレデリック。

 

リリリピート

MVのイメージが強いですが、聞いている内に依存してしまうこのサウンドはまさに○薬。

オドループ

岡崎体育のネタとしても使われていそうなMVです。

今回のUNIQLOにも起用された曲ですね。この曲を聴くたびここから彼らがどのように突き進んでいくのか非常に気になります。

トウメイニンゲン

サウンドが素晴らしい。けれどこれ以上やりすぎるとサカナクションになる。そんなギリギリ感を楽しむことが出来る一曲。

ハローグッバイ

ハローグッバイという各アーティスト曲名は数え切れないほど存在しています。その楽曲売数をご存知でしょうか?筆者も知りません。

さて、サウンドはフレデリックそのものですが、やはりどこか切なくなるメロディ。ハローグッバイの中でも特に印象的なハローグッバイです。

それでは最後までご覧になって頂きありがとうございました。

ハローグッバイ。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

しらゐし

このブログの管理者およびテンガ戦士です。 機材や好きなバンドについて綴っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでBABをフォローしよう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ