京都大作戦2016の出演アーティスト予想!服装やグッズは?

今回は、京都大作戦の出演アーティスト予想していきたいと思います。

さらには、服装やグッズについても触れてきます。

 

京都大作戦と言えば、数ある夏フェスの中でもかなり熱いイベントですよね。

現状はアーティストの発表はされていませんが、去年のデータや、最近注目されているアーティストを見ると少し予想はできますね。

それでは、京都大作戦2016に出演するアーティストから予想していきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

京都大作戦2016出演アーティスト予想

それでは僭越ながら個人的な感情も含めて予想していきたいと思います。

まずは安定して

  • 「10-FEET」
  • 「Dragon Ash」
  • 「BRAHMAN」
  • 「ken yokoyama」
  • 「ROTTENGRAFFTY」

辺りは出演するでしょうね。

 

また、その手の方向性の色が強いこのフェスを考えると

  • 「04 Limited Sazabys」
  • 「HEY-SMITH」
  • 「SHANK」
  • 「WANIMA」

あたりもまた出演しそうですね。

 

全体的にアップテンポのバンドが多いですね。

やはりメロコア系は多い印象を受けます。

個人的にはやっぱり「tricot」的なバンドをもっと出演させてほしいと思うんですよね。

フォーリミが出演していることを考えると、もし解散していなければ「宇宙コンビニ」あたりも出演できていたんだろうなぁ…なんて考えてしまいますね。

 

これだけ毎年メロコア系が多いラインナップの京都大作戦ですが、ご存知の通り関西ってめちゃくちゃエモいバンドが多いんですよね。

解散してしまったハヌマーンもそうでしたし、アルカラやmudy on the 昨晩なんかもそうですね。

そういった意味も込めて今年も「tricot」には出演してほしいですね。

それと、今年活動を再開したマスロックバンド「Nuito」にも出演してほしいです。

ここまでの技術・曲の完成度は京都の宝だと私は感じますね。

 

ドラマやCMにも多くタイアップを果たしているという意味では今年もシャンぺもとい[Alexandros]は出演するのではないでしょうか。

人気も爆上がりですし、実力も去年と比べてかなり上がっているでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今年の出演する個人的なアーティスト予想としては以下になります。

  • 「10-FEET」
  • 「サンボマスター」
  • 「Dragon Ash」
  • 「BRAHMAN」
  • 「ken yokoyama」
  • 「ROTTENGRAFFTY」
  • 「04 Limited Sazabys」
  • 「HEY-SMITH」
  • 「SHANK」
  • 「WANIMA」
  • [Alexandros]

暫定的ですが、上記のバンドは出演する確率がかなり高いのではないでしょうか。

 

弾き語り的に言えば

  • 「細美武士」
  • 「片平里奈」

細美さんに関しては、去年も出演していたので、今年も出演しそうな感じもしますが、ここで片平も出てほしいですね。

 

そして個人的に出てほしいアーティストは

  • 「Nuito」
  • 「tricot」
  • 「ZAZEN BOYS」

あたりでしょうか。

まぁこのイベント自体が、あまり変わり種的なバンドを入れて来るということをあまりしないので、そこまで期待はできませんね。

メジャーかつアップテンポでキャッチーなバンドをコンセプトに選んでいそうですね。

 

グッズについて

グッズについては、まだ情報が出ていませんので、更新され次第お伝えしていきたいと思います。

 

服装について

夏フェスということで、基本的には薄着で問題ありません。

しかし、天気によっては涼しくなる可能性もあるので、ロンTあたりは準備しておいても問題ないでしょう。

 

ハーフパンツでもスキニーでもなんでも大丈夫ですが、日焼けが気になる方は、ハーフパンツをはく前にレギンスを着用しても良いですね。

もちろん、夏は急な雨になる事が多いので、レインコートは忘れずに準備しておきましょう。

 

フェス関連の「服装」や「持ち物」については以下の記事にまとめてありますので、合わせてご覧になって下さい。

→野外フェス・ライブハウス参戦用の服装!春夏秋冬・男女に対応

→野外フェス・ライブハウスへ参戦するための持ち物!春夏秋冬ver

 

最後に

今回は、今回は、京都大作戦の出演アーティスト予想していきました。

 

正直なところ、京都という事でもうちょっとエモい系のバンドを出演させても良いのではないかと感じていますが、お客さんの好みを考えると、腑に落ちますね。

盛り上がることが出来るアーティストを前提にブッキングするということが大切なわけですから、何をやっているのかよくわからないバンドにはあまり関わりが無いのかもしれません。

だからこそ、京都ということも含めてくどいですがNuitoには出てほしいですね。

 

どちらにせよ暫定的な予想なのでこれからもまた追記していきます。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク

                  この記事を書いた人

このブログの管理者およびテンガ戦士です。 機材や好きなバンドについて綴っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ