エレキギター弦で初心者におすすめするのはエリクサーです。長持ちするから

筆者がこれまで使ってきたエレキギター弦の中でおすすめすできるのはエリクサーです。理由は単純に筆者がズボラだから。

数ヶ月放置していても弦が錆びない(音は死ぬけど)。ツルツルしてて弦移動がしやすい。

なぜオススメするのか、好きなのかは上記の二点です。レコーディングやライブの前は弦を交換するけれど、家で練習するときは基本的に張りっぱなし…なんて方には本当におすすめできる。

もちろん、「弦交換は面倒だからライブ前とかレコ前以外はあんまり。とりあえず弾ける状態を保ちたい。」という方にもおすすめ出来る弦です。

コーティング弦は、音から触り心地、アタックまでちょっと独特なんですが、やはり弦が長持ちするのは非常に大きなメリットです。

ただ、長持ちすると言っても、アタックの強さなどでも前後する。そのため○ヶ月は絶対に持つとは一概には言えないけれど、弾いた後に弦を拭かない人とか結構大ざっぱな性格をしている方にはピッタリかと。

スポンサーリンク

エレキギター弦でおすすめできるのはエリクサー

これまで試してきた弦はたくさんあるけれど、結局エリクサーに戻りました。アニーボールやダダリオ、ロトサウンドその他諸々使っていた時期があっても、やっぱりエリクサーがしっくりきます。

弦の好き嫌いは人それぞれなので、絶対にエリクサー使えよとか言えないんですけども、初心者の方には特に使ってほしいコーティング弦です。

エリクサーを馬鹿みたいにオススメする理由

エリクサーをお勧めする理由は以下の3点です。

  • 弦が錆びにくい
  • ツルツルして弦移動がしやすい
  • 何だかんだ音も嫌いじゃない

詳しく解説していきます。

弦が錆びにくい

冒頭でもお伝えしたように筆者はかなりズボラというか適当です。初めてギターを購入した頃から7年くらい経過していますが、練習・ライブ・レコーディング後に弦に付着した汗を拭いた事は一度もありません。

エリクサーだろうがなんだろうが、弾き終わった後に汗や手垢を拭いてあげた方が、弦は長持ちするでしょう。ですが、面倒くさいので筆者はやりません。クロスは持っていますが、弦交換の際についで指板を綺麗にするくらいで、ほとんど使いません。

元々、使っていた弦はアニーボールでした。何の知識も無かったので、カラフルなパッケージのアニーボールを弦の太さも調べずに購入していました。

そこから友人にエリクサーをお勧めされて楽器屋に行ったわけです。でも他の弦に比べて値段が結構高い。どうせ交換する消耗品ごときにこんな値段を毎回出すのは頭がおかしいんじゃないか。心底友人の事をバカにしました。

ですが、騙されたと思って購入した時には本当に感動でした。

ツルツルして弾きやすく、全然錆びない。ダダリオとかアニーボールを二度と購入しないと思った瞬間です。

ライブ前やレコ―ディング前は弦交換を行いますが、基本的に練習であればそのまま張りっぱなしで放置しています。ただ、あまりにも弦が錆びすぎると、フレットの消耗が早くなったり、酷い場合フレットに錆が移るリスクも考えらる。

弦が錆び始めてきた、弦がケバケバになってきた…そんな頃合いで交換してあげるのがベターだと思います。

ツルツルして弦移動がしやすい

スライドやプリングなどを多用するプレイヤーに関しても非常にオススメできます。

エリクサーを使った後にダダリオ等の弦が張られたギターを触ると、なんか変な感じがしませんか。特に巻弦でスライドをした時に、指に弦がギュッギュっと食い込む感じが気持ち悪く感じます。

(その分、エリクサーはフィンガリングノイズが出にくい…という特徴もあるんですが。)

逆にエリクサーはツルツルしてて大好きです。

好き嫌いは分かれると思いますが、コーティング弦特有の”ツルツル感”は一度体感してもらいたい…

 

ただ、この弦の触り心地が苦手という方もやっぱいます。他のコーティング弦のメーカーに比べると、音的にもタッチ感的にもコーティング臭さはかなり抑えられているんですけど、どうしても拭いきれない部分は存在してます。

消耗品と言っても、コーティング弦自体、好き嫌いが大きく別れる商品ですので、一度試してから購入するのがベターかと。

何だかんだで音も嫌いじゃない

”コーティング弦は音が悪い”・”音の立ち上がりが”…なんて言われる事が多い。たぶんブラインドテストを行い「これコーティング弦でしょ」と当てられるギタリストはそんなに多くないだでしょう。音の立ち上がりに関してはぶっちゃけ知らん。

特にエリクサーのナノフェブに関しては、コーティングがかなり薄いため、それこそ使っていてもコーティングっぽさはそこまで感じられない。デジマートでも波形テストを行っていたが、波形的にプレーン弦より勝る部分も確認できている。

コーティング弦を弾いたことが無い方で、「音が悪いって噂を聞いたから」という理由で使わないのであれば、一度使ってみてほしいです。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

しらゐし

このブログの管理者およびテンガ戦士です。 機材や好きなバンドについて綴っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでBABをフォローしよう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ