ギター初心者セットのメーカー別評価・評判まとめ。安物はダメなのか?

この記事では、これからギターを始める方(初心者)が初心者セットを購入する上での注意点についてお伝えしていきたいと思う。

内容としては、ギター初心者セットのメーカー別評価・評判まとめとなります。また「初心者セットを買うのはダメ」とよく言われている理由に関しても触れていきます。

結論から言うと、ギター初心者セットのギター(竿)は”ギターの形をして尚且つギターっぽい音が出る”材木。プレイテックあたりの安ギターでも”当たり”は存在しているが、どうしても作りの荒さ・各パーツのチープさが目立ってしまう。

初めから中堅どころの竿を買うべきなのか、それとも初心者セットを購入⇒上手くなったら良いギターを買う…といった王道ルートがベターなのか…メリットデメリットを踏まえながら初心者セットの内容に触れていきましょう。

スポンサーリンク

ギター初心者セットのメーカー別評価・評判まとめ

初心者セットのメーカーとかどうでも良いから、「初心者セットはオススメできるのか」答えを知りたい方も多いと思うので、最初に言っちゃいますが個人的にはオススメしません。

なぜオススメ出来ないのかは、ここからまとめて行くので、内容を確認してから購入するかしないかを判断してください。

で、まずは各メーカーがリリースしている初心者セットの評価や評判について書いていきます。

フォトジェニック

皆知ってるフォトジェニックですね。筆者が初めて買ったギターはフォトジェニックの初心者セットでした。メイプル指板・サンバーストのストラトです。

大学進学間際にGOGOギターの裏に掲載されていたのを見て買いましたが、結局大学1年の夏頃に改造⇒バスケサークルの友達に1万2千円で売りました。ハードオフに売ってたジャンクのフェンダーから部品取りしたため、改造費は4500円くらい。他の部品やネックやらはヤフオクで数千円で売れたので、経費合わせてもギリギリ元が取れないくらいですね。

筆者が購入した初心者セットは1万後半くらい。

 

で、フォトジェニックですが前述したようにギターの形で音が出るギターではない何かと思って頂ければ良いと思います。

筆者の場合は、ジャックと可変抵抗を繋いでいる配線材が取れていました。使っているとジャックがガタガタ緩んでくるのがお約束なのですが、何故か最初にはんだが取れました。

この時点で、質の悪さに購入した事を後悔します。

…コード覚えたり、速弾きにチャレンジしたり、そんなことをしている間にどこかしらのパーツが逝きます。ここで修理が必要になってくるわけです。

保証書を使えば無償で修理も可能かもしれません、ですがそれって面倒くさくありませんか。練習したいのにギターの質が悪いとこういった弊害が出てきます。

 

音についてですが、チャンカチャンカします。スタジオにあるような大型アンプであれば多少まともになりますが、やはりコシのあるサウンドとはかけ離れたチープな音になってしまいます。

テレキャス・レスポール・ストラト・セミアコ等々様々なタイプが安価で販売されています。材木と言っても、一応ギターですので”それっぽい音”は出てくれます。「続けられるか分からないけど始めてみたい」・「予算はあまり無いけどギターを弾いてみたい」そういった方向けかと思います。

セルダー

筆者の妹が中学生の頃買っていました。

家に三角形の箱が届いて、中を開けてセルダーの初心者セットが出てきた瞬間言葉を失いました。

初心者セットのメーカー比較と言いつつも、ネタバレをするとどのメーカーの個体もそこまで大きな差はありません。しかし、筆者の家に眠っているセルダーのストラトは比較的マシな個体だったのではないかと感じています。

大概初心者セット系の安物ギターは作りの荒さが随所に見られます。指板からフレットがはみ出していたり、はんだ付けが雑だったりと。

しかし、このセルダーはフレット間の移動の際に手がフレットに引っ掛かる感じもありませんし、何故か鳴りが良いんです。(鳴りが良い理由としては長期間使っていた…という事も関係しているとは思いますが)

音についてはフォトジェニックと大して変わりません。過去に何度か分解しましたが、どこのメーカーのPUなのかすら謎でした。

プレイテック

サウンドハウスからリリースされている低価格モデルです。中には上位互換も存在していますが、ここでは圧倒的に値段が安いシリーズをご紹介します。

筆者が以前、ふざけて購入したテレキャスターですね。確かにフレットの仕上げは雑でフレット間を移動すると毎回突っかかります。ただ、テレキャス特有の強い中音域は感じられましたし、故障も今のところありません。

エフェクターの乗りも良く、ロック系全般で使用できるかと思います。なにより、マーシャル(JCM2000)との相性が非常に良かったですね。

そして何よりゴミの様に軽いんです。フジゲン製造時代のフェンダージャパンテレを所有していますが、比べものにならないくらい軽く、スタジオ練の際も長時間立っていても肩が疲れることがほとんどありませんでした。

どうしても初心者セット的なギターが欲しいという場合は、楽器屋で販売されているセットを購入するよりも、プレイテックを選んだ方が幾分マシです。もちろん、個体差が結構あるので、酷い個体が届く⇒返品…となる場合もあるので他の初心者セットよりも通販で購入するリスクは高めかと。

楽器屋等で販売されている初心者セットも個体差がある…とお伝えしましたが、プレイテックに比べれば多少マシになります。

その他

上記でご紹介した以外にも初心者セットシリーズは存在しています。実際に弾いた事が無い物をご紹介するのは嫌なので、詳しくは記載しませんが、同価格帯で飛びぬけて良い音がするメーカーは見たことがありません。

そして、メーカー云々よりも、なにより初心者セットを購入する前に、「メリット・デメリット」を確認しておきましょう。

初心者セットの良いところ

安いし、必要な物が揃ってる

まず「価格の安さ」。お手軽にギターを始めることが出来る点が魅力的なポイントです。

ギターを始めるために必要な物は「ギター本体」・「シールド」・「アンプ」・「チューナー」あたりでしょうか。これが全て揃って新品で大体1万前半~2万程度で購入できるのはお得感があります。

何が良いのか、どれが人気なのか、何を買えば始めることが出来るのか…これらが分からない方からすれば、すぐに弾き始めることが出来るセットが安価で売られていれば、”無難”と思ってしまうのも頷けます。個別で購入して届いてから○○が無いと始められない…なんてことになるのも不安でしょうし。

「挫折⇒辞める」となってもそこまでダメージが大きくない

上記でお伝えしたように、「初期投資を出来るだけ抑えてギターを始めることが出来るセット」的な位置付けです。

で、多くの方が”コードが押さえられない”・”何をしたら良いかわからない”・”思ったよりつまらない”…など様々な理由でギターを放置します。

しかし、「初期投資をかなり抑えることが出来た+安物ギター」という面から、例え途中でやめてしまっても金銭的・精神的ダメージは最小限。

自分がミーハーな人間、いままで何事も長く続いた事が無いから不安…という方はリスク回避のために初心者セットを検討してみても良いかもしれません。

初心者セットの悪いところ

クオリティが低い

前述したように、初心者セットのギターおよび付属品は笑ってしまう程クオリティが低いです。チューナーも使いずらいですし、むしろ現代ならスマホアプリを使った方が断然良いレベル。

ギターに関しても音はともかく、作りの荒さはもうちょい何とかしてほしい限りです。ただ、コスト的にこれが妥当なのかもしれません。

ギターの質が低いことで起こり得る弊害については、人それぞれですので一概に言えません。例えば「音」ですが…

「良い音を初めから知る事で音作りに関しても影響が出て来る」と主張する方もいれば「始めは音作り云々の前に技術的な部分を磨いた方が良い⇒ギターの質に文句を言わずとにかく練習」といった感じで二極化します。

 

で、個人的には、初心者セットではなく、周辺機器はともかく竿は”それなりにまともな”物を購入した方が良いと考えます。

良い音の定義はややこしいので置いておきますが、エピフォンやらフェンジャパでも、初心者セットギターに比べると”弾きやすさ・サウンド面”で雲泥の差です。もちろん、初心者ギターよりも作りが丁寧なので、購入してからすぐに壊れることは少ないでしょう。

そして、売却する際にもそれなりの値段で売れる…という部分もあげられます。ギターのメーカーや種類、年代によって前後しますので、ハッキリと○○¥といった額をお伝えする事は難しいのですが、状態が良ければとりあえず半ぶんくらいは戻ってくるのではないかと。

とにかく、初心者ギターはクオリティが低いので、それで満足できるかどうか、最終的な部分はご自身で判断するしかありません。

まともな金額で売却出来ない

上記でも触れましたが、初心者セットはまともな金額で買い取ってくれません。ゴミを引き取られる感覚と覚えておくと良いでしょう。

結局、安物はダメなのか?

なんだかんだで、初心者セットにも良いところはあります。ギターに興味がある方が、手っ取り早く始めることが出来る内容ですし、なにより低価格(そして低クオリティ)。

まっさらな知識でも購入できる⇒購入者の不安を払拭してくれるセットです。そして、いつ辞めても大きな痛手にならない。

これが利点でしたね。付け加えるとすれば、初心者セットギターでバカテクだったら逆にかなりカッコいいです。

で、結論ですが、ダメという事はありません。しかし、オススメはしません。

前述しましたが、竿はまともな物を購入した方が良いです。

初心者が初心者セット以外を購入するにあたって必要な物一覧

この記事をご覧になり、”初心者セット以外で揃えたい…だけど何を購入すれば良いか分からない”…こんな状況になっている方もいらっしゃると思います。

ですので、ギターを始める上で”必要最低限”なアイテムをお伝えしておきます。

ギター本体

高くて良い物を購入する必要はありません。無難なメーカーでオッケーです。

  • ヤマハ/グレコ/スクワイヤー/フェンダージャパン/エピフォン/アイバニーズ/PRS

このあたりが無難でしょう。

PRS=高い・上級者モデル…といったイメージがあると思いますが、結構安いモデルも出ているので見た目が好き、そっち系のアーティストが好きな方は選択肢に入れても良いでしょう。

シールド

ギターとアンプを繋ぐケーブルです。安物はぶっ壊れやすいですが、あまりにも高いシールドを選ぶ必要はありません。

チューナー

ギターのヘッドに挟んでチューニングする”クリップチューナー”で十分です。2000弱で購入できます。

アンプ

ハードオフで初心者セットに付属してきたアンプが売られています。そちらを購入しても良いかもしれませんが、iRigなどのスマホやタブレットでも手軽に音を作れるアイテムを購入しても良いでしょう。

ピック

1枚100円程度で楽器屋に売ってます。

ギターの弦は消耗品ですので、ギターを購入した時か、弦が切れたら買いに行きましょう。

工具

ドライバーやニッパー、ペンチなどもあると良いです。

弦を交換したり、ギター本体の緩んだネジなどを調整する際に使います。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

しらゐし

このブログの管理者およびテンガ戦士です。 機材や好きなバンドについて綴っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでBABをフォローしよう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ