タイコクラブの服装や持ち物を紹介!チケット・タイムテーブル情報

今回は、タイコクラブの服装や持ち物をはじめ、チケット・タイムテーブル情報も加えてご紹介していきたいと思います。

夏に差し掛かる前のイベントの一つにタイコクラブがありますね。

 

キャンプ場が会場ということで、テントを張って宿泊することも可能です。

フジロックに参戦している方も、このイベントは外せないのではないでしょうか。

やはりフェスの中でも野外に宿泊可能という条件があると、異様にテンションが高まってしまいます。

 

フェスの常連の方も、初心者の方も今の内から準備を整えておきましょう。

スポンサーリンク

タイコクラブのアクセス情報

それでは、まずアクセスについてまとめていきます。

タイコクラブの会場は長野県にある「こだまの森キャンプ場」です。

住所:長野県木曽郡木祖村大字小木曽3362 こだまの森キャンプ場

電車で向かう場合

電車で向かう場合は、「藪原駅」を目指しましょう。

※新宿から約3時間・新大阪から約2時間30分ほどで到着になります。

藪原駅に到着しましたら、改札をでると「無料シャトルバス」がありますので、そちらを利用して会場まで向かいましょう。

 

車で向かう場合

車で向かう場合は当然、インターチェンジの降り口が変わってきます。

関東から向かう際は、「伊那インターチェンジ」

関西方面から向かう際は、「中津川インターチェンジ」もしくは「伊那インターチェンジ」

を降りることになります。

2016年版

バスツアーで向かう場合

バスツアーという方法もありますので、不安な方はそちらを利用するのも全然アリです。

もし、バスツアーの利用を考えている方は、お早めに予約をしておきましょう。

※タイコクラブ2016のバスツアー締め切りは5月26日となっています。

公式サイト

 

ちなみに値段は

  • 東京から→8500円
  • 名古屋から→8300円
  • 京都・新大阪から→9900円

となっております。

この値段に「チケット代は含まれていません」ので注意してください。

 

もし、ツアーと合わせて購入する場合は、ツアー当日受け渡しとなっています。

チケット料金は「14000円」、テント券は「3000円」です。

チケットのみの販売はこのサイトでは受け付けていません。

 

チケット情報2016年版

続いてはチケット情報についてお伝えしていきます。

当日券については残念ながらありません。

 

公式サイトで販売されているチケットも、カテゴリー0~カテゴリー3まで完全に売り切れです。

カテゴリー4として、前売り券スキー場臨時駐車場のみ残っている状況です。

値段は14000円です。

それが終わると、次はオークションサイトやメルカリなどで購入するしかなくなってしまいますね。

 

ちなみに、現在ヤフオクで販売されているチケットは、

場内駐車場券が7000~8000円といった面白い値段で販売されています。

入場券に関しては、まだそこまで吊り上げはされていませんが、時間が経過するにつれて需要が高まってきますので、もしオークションなどで購入する場合には、値段が上がる前に購入してしまったほうが良いかもしれません。

 

また、メルカリだと現状は出品されていませんね。

吊り上げる場合にはオークションの方がやりやすいという意味でも、転売おじさん達はそちらを利用する頻度が高いのだと思います。

チケット情報2017年版

2017年も当日チケットは販売無し。

当日販売は無い物の、e+イープラスにて”キャンセル分”を再販売しています。

期間は”2017年5月25日~5月27日10:00まで”

 

服装について

次は服装について見ていきましょう。

野外フェスに関しては、こちらの記事でもご紹介いたしましたが、開催される場所や季節によって対応しなければいけません。

 

タイコクラブが開催されるのは6月ということを考えれば、温かくはなってきますが、半袖・ハーフパンツという服装では少し心配です。

むしろ少し寒い場合もあります。

 

筆者が見た感じ周りには、Tシャツ・長ズボン が多い印象を受けます。

  • Tシャツ+ロンT
  • Tシャツ+薄手のカーディガン
  • Tシャツ+パーカー
  • ネルシャツ

これにスキニーやジーパン、チノパンあたりで問題ありません。

 

女性の場合も全体的にトップスは

  • Tシャツ+ロンT
  • Tシャツ+薄手のカーディガン
  • Tシャツ+パーカー
  • ネルシャツ

これにショートパンツにレギンスといった感じの方が多かったです。

ワンピースで来る方は少なかった気がしますね。

 

靴に関しては、長靴やブーツの方はほとんど居ませんが、天気予報を確認して持っていくかどうか判断してください。

そうでない場合は、動きやすいスニーカーで問題ありませんね。

 

そして、帽子も持って行った方が良いです。

日によってはかなり日差しがキツイ場合もありますので、予め準備をしておきましょう。

 

持ち物について

それでは次に持ち物についてお伝えします。

まず「携帯電話・入場券・駐車券・テント券・財布」は忘れてはいけません。

定番ですが、会場についてチケットを忘れてしまったという方も毎年いらっしゃいます。

残念ながら当日券の販売はしませんので、忘れてしまった場合には苦い思い出になることでしょう。

  • 日焼け止め
  • 虫よけスプレー
  • レインコート、ポンチョ
  • ジップロック(携帯を雨から防ぐ)

こちらは必ず持って行く用にしましょう。

基本的な持ち物はこちらの記事でご紹介しておりますので、参考にしてみてください。

 

キャンプ用

  • テント(全部入っているか確認する)
  • ゴミ袋
  • 寝巻
  • 寝袋
  • 耳せん
  • サンダル
  • お風呂用品
  • 歯磨きセット
  • ガムテープ
  • 薬(絆創膏、胃薬、整腸剤、オロナイン等々)

といったところですね。

キャンプが初めてでない方はご存知かと思いますが、6月といっても夜はかなり冷えます。

防寒具の準備はしっかりとして向かいましょうね。

スポンサーリンク

アーティストについて2016年版

2016年の出演アーティストについてお伝えします。

国内アーティスト

  • あふりらんぽ
  • Chihei Hatakeyama
  • Haioka
  • ハナレグミ
  • 蓮沼執太
  • LUCKY TAPES
  • サカナクション
  • シンリズム
  • 水曜日のカンパネラ
  • Sparrows
  • SPECIAL OTHERS
  • toe

 

  • 灰野敬二
  • DAOKO
  • Akiko Kiyama
  • クボタタケシ
  • MOODMAN
  • Takkyu Ishino

 

海外アーティスト

  • ARCA DJ + JESSE KANDA AV SET
  • Dan Deacon
  • KiNK
  • LORD ECHO
  • Losoul
  • Nick The Record
  • Nozinja
  • Oneohtrix Point Never
  • Taylor McFerrin & Marcus Gilmore
  • Tobias.
  • Traxman
  • Tycho
  • DEPTH CHARGE (UR)

 

出演アーティスト2017年版

海外アーティスト
ACID ARAB
BATTLES
BIBIO
DAPHNI
GABRIEL GARZÓN-MONTANO
LITTLE SIMZ
MR. TIES
NICK THE RECORD
RICHARD ROBERTS
SHED

 

邦アーティスト
CERO
クラムボン
D.A.N.
KOHH
MOODMAN
NONOTAK
相対性理論
クボタタケシ
TAKKYU ISHINO
黒田卓也
水曜日のカンパネラ
YAHYEL

2017年はバトルズが出演しますね~。この前来日した時観に行きました?今回タイコで見られるとは思わなかったです。

最近のマスロック、ポストロックあたりに耳が慣れてしまうと、ちょっとマス要素が物足りない感あるかもしれませんが、改めて聞くと鳥肌ビンビンのサウンドです。

古き良きポストロックを感じることが出来て、現代でもなお色褪せないインパクトのある音作り。そして大胆かつ繊細なエフェクト。

タイコクラブに行く多くの方でもすでに”知ってるわボケ”と感じるかもしれませんが、やっぱりカッコいいので楽曲とかペタペタ張っておきます。

個人的には、去年のようにスペアザとtoeの出演が無いのが残念なところではありますが…

タイムテーブルについて

現在タイムテーブルの情報が出ていないため、明日改めて追記させて頂きます。

最後に

今回は、タイコクラブの服装や持ち物をはじめ、チケット・情報も加えてご紹介していきました。

タイムテーブルについては、公式が更新されましたら、追記致します。

 

野外フェスの中でもアーティストの傾向は、フジロック寄りになっている感じがしますよね。

ポップ過ぎないところが個人的にはグッドです。

フェスの雰囲気を楽しむという方よりも、音楽本来を楽しむ方が圧倒的に多い印象を受けますね。

それでは最後までご覧になっていただきありがとうございました。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

しらゐし

このブログの管理者およびテンガ戦士です。 機材や好きなバンドについて綴っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでBABをフォローしよう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ